ソフティ・イン・ケニヤ

予告編を見る

ボニファス“ソフティ”ムワンギは、長い間ケニアの政治問題を訴えている政治活動家だ。そして、ついにケニアの地方選挙に立候補し、政治を正すための次のステップへと踏み出した。ボニファスが選挙への出馬を決めた時、彼の妻ナジェリの苦笑いに明るく応えるほど事態は楽観的に見えていた。

しかし、政治腐敗の蔓延る社会では対立候補と争うにもクリーンな選挙活動すら難しく、理想主義だけではどうにもならない現実があった。ボニファスは、ケニアの政権を牛耳る世襲の強大な政治王朝に立ち向かううちに、自分の家族が危険にさらされていることに気づく。ボニファスには国が良くなれば家族も幸せになれるという持論があったが、果たして優先すべきは家族より国家なのだろうかと悩む。

映画「ソフティ」は、監督・プロデューサーであるサム・ソコが5年の歳月をかけて撮影した初の長編ドキュメンタリーだ。以前は短篇のミュージックビデオや映画を数本撮っていたが、2013年に近しい友人を通じてボニファス・ムワンギ、通称“ソフティ”と出会ったことをきっかけにドキュメンタリー映画を撮り始める。最初の想定では、政治、家族、そしてケニア人として生きる意味を問う物語として、1年をかけた短篇のドキュメンタリー映画を撮る計画だった。だが、ソコ監督がカメラを向けてみると、ケニアは政治腐敗、汚職、多くの非合法殺戮があふれる混沌とした国であり、気が付けば撮影は4年にも及んでいた。その状況の中、ソフティが地元のスタレヘ地区から議員選挙への出馬に踏み切った。ソコ監督は、撮影を続けていた映画の結末として、ケニアの政治や選挙システムを内側から伝える必要性を感じ、さらにもう1年、ソフティの選挙戦に密着し撮影を続けた。この決心によって、本映画は思いがけずソフティ家族の視点も含む深い作品となった。民主主義が芽生えたばかりのケニアで、国家への愛と家族の幸せのバランスに苦悶しながらも奮闘するソフティの姿をカメラは捉えている。ソコ監督はこの映画で、世界中の誰もが家族の葛藤に寄り添うことのできる普遍的な物語を伝えている。