米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

Introduction

タイヤに空気を入れる際の推奨圧力は、通常、正確な目標数値ではなく最小値と最大値として、タイヤの側面部に記載されています。タイヤの硬さを決める際に考えるべき要素はいくつかあります。

Step 1

米式バルブを確認 & タイヤの空気を抜く - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

米式バルブを確認 & タイヤの空気を抜く

米式バルブを見つけて、ダストキャップを取り外します。

Step 2

バルブの確認 - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

バルブの確認

バルブがしばらく開けられていない場合は、少しだけ空気を放出して詰まっていないことを確認します。同様のプロセスで、バルブをより長く開いたままにしておくと、タイヤの空気が抜けます。

Step 3

米式バルブと自動バルブ - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

米式バルブと自動バルブ

バルブステムを押し下げて、空気を放出します。マッチ棒やその他の小さな鈍器が役立つ場合があります。

Pro Tip

米式バルブのダストキャップは、中の空気を保持するシステムの一部です。バルブにキャップが付いていないと、タイヤの空気はすぐに抜けてしまいます。

Step 4

 空気入れを接続 - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

空気入れを接続

ホースまたは空気入れの接続部をねじ込むか、押し込む必要があります。プッシュ式の接続では、カムレバーでロックする必要がある場合があります。正しく接続を行うためには、ゴム製座金を見て、レバーを前後に動かします。 固定位置は座金を圧迫し、「オンオフ」の位置は座金を和らげます。空気入れ接続のゴム製座金は、使用するごとに摩耗します。バルブをしっかりとつかめなくなった時には交換する必要があります。空気入れの気密性が良好であれば、タイヤを膨らませる作業は非常に簡単です。

Step 5

米式 - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

米式

米式バルブへのプッシュ式接続には、通常、ロックレバーが必要になります。コネクタがオンまたはオフになると、少量の空気が放出されます。空気を入れた後の空気損失を最小限に抑えるためには、コネクタをバルブと平行に素早く引き抜く必要があります。

Step 6

タイヤの空気入れ - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

タイヤの空気入れ

ストロークごとに開閉させます。空気をタイヤに押し込むためには、ピストンを限界まで右に押し込むことが重要です。停止するのが早すぎると、ポンプ内の空気がタイヤに流れ込まずに圧縮してしまう場合があります。

Step 7

フロアポンプまたはトラックポンプ - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

フロアポンプまたはトラックポンプ

両足を台に乗せて、空気入れを安定させます。各ストロークの初めにはポンプを完全に開き、一番下に向かうにつれて、腕ではなく体重を使用して、膝を柔らかく使って最後の空気を押し出します。

Step 8

ハンドポンプ - 米式バルブまたは自動バルブのタイヤを膨らませる方法

ハンドポンプ

タイヤまたは輪留めに指を1本または2本引っ掛けて、バルブとポンプの間の接続を固定すると楽に行う事ができます。ポンプのピストンの後ろに肩がある状態を作る為に、足を立てて体を動かしてください。

Pro Tip

プロのヒント

タイヤの硬さを自分で正確に判断できない場合は、推奨される最大値までタイヤを膨らませることができます。走っているときに、道路が揺れ、地面から跳ね返っている感覚を感じた場合は簡単に空気を少し抜くことができます。空気を抜くのは空気を入れるよりも圧倒的に簡単です。

Pro Tip

プロのヒント

最近の空気入れであれば接続を解体し、部品の方向を真逆にすることで、仏式と米式間で変換する事ができます。