スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

Introduction

ハンドルステムがステアリングチューブにはまり込み、伸縮してロックされているため、旧式のネジ付きステアリングチューブでハンドルバーの高さを調整するのは簡単です。このシステムの場合、ハンドルステムはヘッドセットベアリングとは完全に独立したシステムであり、前輪を「操縦」する事が可能になります。

Step 1

測定 - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

測定

ヘッドセット上部のロックナットの上にハンドルステムがどれだけ目視できるかを測定します。ハンドルバーの調整やメンテナンスの前後に巻尺を使用して、気に入らない場合は元に戻すことができます。

Step 2

エキスパンダーボルトを緩める - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

エキスパンダーボルトを緩める

ヘッドチューブの線に沿って、エキスパンダーボルトのヘッドを見つけます。ほとんどの場合、六角頭または六角ソケットとなっているでしょう。そしてボルトを数回回して外します。

Step 3

バーを外す - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

バーを外す

自転車の中心線を向いて、自転車の正面にハンドルバーに向かって立ってください。脚の間で前輪を挟んで、バーを回してみてください。回らない場合は、ソフトハンマーでエキスパンダーボルトのヘッドを軽く叩きましょう。

Step 4

取り外して検査 - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

取り外して検査

回転と持ち上げる動作を組み合わせて、ステムをフレームから引き出します。接続金具にはステアリングチューブの内側をつかみ、大きく広がることができるスロットを持つ丸型のテーパーエキスパンダーナット、もしくは対角線を上にして、ステアリングチューブのステムをくさびで留めている傾いたナットを持つクイルステムと2つのタイプがあります。はめ合せ限界安全標識の位置には注意してください。

Step 5

固着防止のグリース - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

固着防止のグリース

アルミニウム製のハンドルステムは、「バイメタル腐食」または「コールドセット」として知られる化学プロセスにより、スチールフレームに固定されてしまう場合があります。この状態を回避する為には、1年に1回ハンドルステムを取り外し、両方の表面を拭いてから、焼き付き防止グリースをステアリングチューブの内側、エキスパンダーボルトのネジ山、およびナット周りに塗ります。

Step 6

再配置 - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

再配置

ハンドルステムを再配置し、ステムが静止しているものの固定されていない状態になるまでエキスパンダーボルトを締めて、ステムが前輪と揃っていることを確認します。前輪がフレームに並んでいるとこのプロセスはとても簡単になります。バーが正しい高さにあることを確認して、次に、前輪を脚でしっかり固定し、エキスパンダーボルトをねじ込んでナットを上方に引っ張ってステムを固定し、ステムを所定の位置にロックします。

Step 7

十分に締める - スレッド付きステアリングに取り付けられた自転車のハンドルバーを調整する方法

十分に締める

ステムは、厳しい条件下でも動かないように十分にきつく締める必要がありますが、完全に固定する必要はありません。事故に遭った時に、バーが回った方が安全だからです。後輪に重い荷物を載せる場合は、そうでない人よりもステムをしっかりと締める必要があります。