映画


ミッドナイト・ファミリー

メキシコシティで営利目的の救急隊を営むオチョア家族。同業の救急救命士らと競い合って急患の搬送にあたっている。この熾烈なビジネスで生計を立てるため、オチョア家族は救急医療を求める患者から何とか日銭を稼ごうと奮闘する。汚職警官による闇営業の取り締りが厳しくなり、私営救急事業の正式な認可を得なければならない事態となる。必要な救急医療サービスを提供しているにもかかわらず、オチョア家族は金銭的に追い詰められ、状況は問題を孕んでゆく。

2020年10月07日
戦争で生まれた娘のレビュー
映画


戦争で生まれた娘のレビュー

従来、紛争をテーマとするドキュメンタリーは、観光ビザで入り何かあればいつでも紛争地域を離れることができる外部のジャーナリストの視点で撮影されてきたが、『娘は戦場で生まれた』はシリア紛争の最中で、何の特権も持たない市民によって撮られた前代未聞のジャーナリズム映画である。

2020年09月15日
ハニーランド 永遠の谷のレビュー
映画


ハニーランド 永遠の谷のレビュー

『ハニーランド 永遠の谷』は奇跡のドキュメンタリーだ。欧米諸国での本作品の成功は、実際にチケットを買って映画を見て、驚嘆し事実を知った観客にかかっているだろうし、もし、マケドニアの養蜂家についての映画を撮ろうという法外な考えが浮かんだとしても、果たして主題となるほどの養蜂家を見つけることができるだろうか?

2020年09月14日
London Edinburgh London - ロンドン・エディンバラ・ロンドン
映画


London Edinburgh London - ロンドン・エディンバラ・ロンドン

2013年夏、MadeGood.filmsは6人のサイクリストを追った。5日間の忍耐と試練の旅である。ロンドンの中心からイギリス全土を渡り、エディンバラへ。そしてロンドンまで戻ってくる。 彼らのほとんどが、今まで経験したこともない約1400kmの道のりを走行する中、身体と精神の極限まで自分を追い込み、数多くの困難に立ち向かわなければならなかった。

2020年09月13日
写真家ゼッド・ネルソンが語る『ガン・ネイション』『ラブ・ミー』『ハックニーの肖像』
短編映画


写真家ゼッド・ネルソンが語る『ガン・ネイション』『ラブ・ミー』『ハックニーの肖像』

東ロンドンの自宅でリラックスしながら単純なドキュメンタリー作品を構想していたが、いざ撮り始めてみるとますます複雑で憂慮すべき社会の現実に引き込まれていった、とネルソンは言う。長時間のインタビューで語られた以上に、彼の記録写真からは非常に興味深い物語を読み取ることができる。

2020年09月07日
jaJoseph-Philippe Bevillard - Interview With a Photographer
写真集


jaJoseph-Philippe Bevillard - Interview With a Photographer

"Travellers tend to keep problems to themselves and are too afraid or too shy to express their concerns or problems to the general public. Or maybe they get fed up once they make complaint like reporting racism or discrimination, nothing has been done. Most of the Travelling communities know me as the photographer since the Travelling communities spread the word about me like wildfire. Traveller community are like one big family because they are all related through 1st, 2nd, 3rd cousins etc. I know they wanted me to tell the wider audience about housing, discrimination and suicide problems. It’s very hard for them to talk about suicides because it affected the whole family, Suicides rate are 7 times higher than the settled population. I think having my pictures shared with the wider public can document their hardships and explain their culture to the settled community in Ireland and bring awareness of the existence of the Irish Travellers to a worldwide audience. I feel the Travellers are pleased with this exposure. Travellers are very proud people."

2020年09月05日
jaGreg Girard talks about photographing Hong Kong and South East Asia since 1974
写真集


jaGreg Girard talks about photographing Hong Kong and South East Asia since 1974

"I first visited Hong Kong and SE Asia 1974-1975, and lived in Tokyo 1976-1977 and 1979-1980. I wanted to visit that part of the world from a young age, I can’t really say why, other than it seemed very far away. But what pushed me over the edge and made me want to take photographs there was a picture in a Time-Life book, in series on photography published in 1972, which showed Hong Kong harbour on a grey afternoon with the neon signs atop low-rise buildings on the waterfront. I mention this photograph, and reproduced it, in my book "HK:PM. Hong Kong Night Life 1974-1989”. It was as if the exotic was made ordinary and the ordinary made exotic."

2020年09月05日
Bicycle Workshop Stories - 作業場の物語
短編映画
2017年11月11日
Kyoto Stories - 京都物語
短編映画
2017年11月11日

Features